ふるさと納税限度額正確な計算

ふるさと納税の限度額って、
正確な計算が難しいのはなぜなのでしょう?

それは、今年のふるさと納税の限度額は
「今年の年収がもとになる」
からなんです。

例えば、私が働いている会社の給料日は
「月末」
です。

12月は多少早いとはいえ、2018年でいえば
最後の平日ということで、
28日の金曜日が給料日だったり。

そこから急いで計算して、正確な
限度額を割り出すというのも、
駆け込み感が満載ですしね。

というわけでまずは、大まかに
限度額をシミュレーションしましょう。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
控除シミュレーション

ふるさと納税サイトのさとふるなら
簡易的にシミュレーションができるので、
簡単に限度額が分かります。

そこから、さらに自力でもっと正確な
数値を導き出したいなら、このサイトが
参考になります。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1438757050

所得税率
市町村民税所得割額
都道府県民税所得割額
を入力すれば、計算してくれます。